池袋合同会社設立センター 豊島区池袋の合同会社設立支援 合同会社設立支援お問い合せ

合同会社を設立しませんか?

合同会社とは、新会社法で廃止された有限会社に代わり採用された会社形態です。
日本ではまだ知名度が低い状況ですが、設立費用の安さと手続きの簡便さにより、
最近急速に増加しています。
池袋合同会社設立センターでは、設立に伴う書類作成、電子定款認証等のお手伝い、
資金調達や日本政策金融公庫融資の相談・支援を行っています。
メール相談は無料です、お気軽にお問合せ下さい。



合同会社に適している起業

・ 家族経営の事業を法人化したい
・ 1人でまず起業したい
・ 少ない資本金で起業したい



合同会社のメリット・デメリット

≪ メリット ≫
合同会社は株式会社に比べ設立費用が安い

 登録免許税が6万円から、そして株式会社定款認証代5万円が不要ですので、
 登録免許税60,000円+書類作成料32,400円=合計92,400円で
 株式会社の半額以下の費用で設立が可能です。
 (定款収入印紙代は両社共4万円ですが、当センターでは電子定款認証を行いますので0円です。)
取り決めが自由
 株式会社の様に取締役会等の機関を設置する必要がなく、社員間の同意で内部の取り決めを
 決定出来ます。
 利益配当は出資額に比例させず、事業の貢献度により自由に決められます。

≪ デメリット ≫
知名度が低い

 制度が出来て間もないため、知名度・信頼度が低いと思われます。



資金調達のご相談

起業時の資金調達は重要な課題です。
自己資金だけで賄えない場合、安心して融資を受ける為に、当事務所では日本政策金融公庫や
地方自治体の制度融資についての相談・支援を行っています。

■ 東京都の「女性・若者・シニア創業サポート事業」
東京都の信用組合・信用金庫とアドバイザーが連携して、地域に根ざした創業を支援するための事業。
支援対象は、女性・若者(39歳以下)・シニア(55歳以上)で、創業の計画がある者又は創業後5年未満の者。
・融資限度額 1500万円以内
・固定金利1%以内・無担保・返済期間10年以内・据置期間3年以内
・融資後もアドバイザーが経営をサポートします。

■ クラウドファンディング
資金調達の方法の一つ「クラウドファンディング」とは、インターネットを通して不特定多数の人から
小口の資金を出資して貰う仕組みです。
ホームページに載せることから認知度が高まり、資金作りとファン作りに繋がります。
≪クラウドファンディングの流れ≫
 @プロジェクトを企画
 Aクラウドファンディング事業者を選択し申込みを行う
 B審査→審査通過
 Cプロジェクトがサイトに掲載される
 Dプロジェクトを拡散し資金を集める
 E募集終了 (目標調達額に達した場合、事業者によりますが、約20%の手数料が発生します)
東京都は、都内での創業や新製品・新サービスを創出する業者に、クラウドファンディング
利用手数料の補助を行う支援をしています。

■ 現物出資のご相談
現物出資とは、物品等の有形固定資産、不動産、営業権等の無形固定資産、会社への貸付金など
金銭以外の財産を出資に充てる事をいいます。
資金不足でも会社を設立出来るメリットがありますが、いくつかの規制もありますのでご相談下さい。



合同会社設立でお困りの方はお気軽にご相談下さい。
メールでのご相談は無料で承ります。 taccount@t.toshima.ne.jp
TEL.03(5954)7785